MENU

タイ料理のステキをはじめ、食材やハーブ、文化など。タイの魅力を色々な視点から切り取ってご紹介。タイの空気が香るような情報をイラストとともにお伝えします。

画鋲

ガパオごはんのお話

ガパオごはんのお話

タイの首都バンコクはモダンな高層ビルや
巨大なショッピングモールが立ち並ぶ大都会。
でも、その足元には庶民的な屋台が数多くあり、
オフィスワーカーたちが食事をとる姿が日常的に見られます。
何を食べようか迷ったらとりあえずこれ! という人も多いほど、
屋台で人気のガパオごはん。正しくは“パッガパオ”と言い、
具材を「炒める(=パッ)」と「ホーリーバジル(=ガパオ)」
というタイ語を組み合わせた名前のメニューです。
“安い・美味い・早い”の三拍子がそろったガパオごはんは
まるで日本の牛丼のような存在。
発泡スチロールの容器に入れられ、
プリック・ナンプラーが添えられたお弁当スタイルのものを持ち帰り、
オフィスや自宅で食べることもよくあります。
 
ホーリーバジルは同じバジルでありながら
イタリア料理でおなじみのスイートバジルとは別物で、
さわやかで独特のエキゾチックな香りが強いハーブ。
加熱しすぎると香りも色も悪くなってしまうので、
美味しく仕上げるには強火でさっと炒め合わせることが重要です。
屋台ではガパオごはんを作るときに
唐辛子とニンニクを炒めた強烈な香りと煙が出るので、
近くを通りがかる人たちはむせたり、くしゃみしたりしてしまうんですって。
 
使われる具材は牛や豚・鶏のお肉だけではなく、エビ・イカ・魚、
ベジタリアンでも食べられる豆腐やキノコだけを使った
ヘルシーなものまで実に様々。
揚げたピータンや柔らかく煮た牛の角煮、魚のつみれなど、
調理前にひと手間加えたものを使うこともあります。
同じお料理でも、具材によって全く違うおいしさが楽しめるのです。
注文屋台では具材だけでなく、辛さや味付け、ご飯にのせるかのせないか、
トッピングの目玉焼きの固さをどうするかまで
お好みにカスタマイズすることができます。
いろいろと試して、自分だけのアロイ(おいしい)を見つけるのも
ガパオごはんの楽しみ方かもしれません。

ガパオごはん

このコラムの商品はコレ

鶏肉をナンプラーベースのソースで炒め、新鮮なホーリーバジルをたっぷり加えてピリッとスパイシーに仕上げました。目玉焼きを添えてどうぞ。

タイダンスCafé [イラスト]おおのきよみ:イラストレーター。1999年タイを拠点に7ヶ月間アジア各国を巡るスケッチ旅行に出掛け、帰国後、主に旅行関連の書籍で活動を開始する。現在も絵を描きながら旅を続け作品を発表している。著書に「おもちかえりアジア」(情報センター出版局)等。

その他のお話はこちら