MENU

タイ料理のステキをはじめ、食材やハーブ、文化など。タイの魅力を色々な視点から切り取ってご紹介。タイの空気が香るような情報をイラストとともにお伝えします。

画鋲

「トムヤム」のお話

「トムヤム」のお話

タイの定番メニュー「トムヤム」は、
日本では海老入りの「トムヤムクン」としておなじみです。
辛くて酸っぱいこのスープ、実は大きく分けると、
こってりの「トムヤム・ナムコン」、
さっぱりの「トムヤム・ナムサイ」の2タイプがあるってご存知ですか?
 
“濃い水”と訳される「ナムコン」。辛さと酸っぱさの中に、
こってりとまろやかな味わいがあります。
ココナッツミルクやエバミルクなどを加えることで濃厚になるため、
一般的に日本人を含む外国人や、タイの子供たちはナムコンを好みます。
タイではココナッツミルクの産地に近い
中央部・南部で食されることが多いそう。
 
また、“澄んだ水”と訳される「ナムサイ」。スッキリとした辛さが特徴で、
タイでは濃い味のおかずやごはんと合わせて食べられます。
ココナッツミルクが入らないため、ストレートなパンチのある味わいです。
タイの北部・東北部では、ココナッツミルクをあまり使う習慣がないことから
ナムサイが主流。
お店にもよりますが、ナムサイの辛さと酸っぱさは、かなりワイルド。
ハーブの香りや素材の味を楽しむならナムサイがオススメ。
 
いずれも、鶏ガラベースにさまざまなハーブを
たっぷりブレンドしてさっと煮たスープに、
具は、トマト・赤小玉ねぎ(ホムデン)・きのこ類がメジャー。
そのトムヤムに、クンであれば海老、鶏肉(ガイ)、豚肉(ムー)、
魚(プラー)など、
お好みで具を変えて楽しみます。
 
ひと言でトムヤムと言っても食べ方はいろいろ。
タイ料理のお店では、ナムコンが得意なお店、ナムサイが得意なお店、
そして入れる具も様々。
お友達といろいろ体験してみてはいかが?
あなたはナムコン派?
それともナムサイ派?

トムヤムクンキット

このコラムの商品はコレ

エビとしめじを用意するだけで簡単に、本格トムヤムクンが完成する手作りセットです。エビと鶏ガラの旨味をとじ込め、マナオ(タイライム)果汁の爽やかな酸味で味わう大定番スープ。

タイダンスCafé [イラスト]おおのきよみ:イラストレーター。1999年タイを拠点に7ヶ月間アジア各国を巡るスケッチ旅行に出掛け、帰国後、主に旅行関連の書籍で活動を開始する。現在も絵を描きながら旅を続け作品を発表している。著書に「おもちかえりアジア」(情報センター出版局)等。

その他のお話はこちら