MENU

タイ料理のステキをはじめ、食材やハーブ、文化など。タイの魅力を色々な視点から切り取ってご紹介。タイの空気が香るような情報をイラストとともにお伝えします。

画鋲

タイの挨拶のお話

タイの挨拶のお話

海外旅行に行くなら、その国の文化をたっぷりと楽しみたいもの。
その国の言葉で挨拶ができれば、距離がぐんと近付きます。
 
タイの挨拶は「サワッディー」。
おはよう・こんにちは・さようなら・おやすみなさいに至るまでが
この一言で済んでしまう、便利な言葉です。
もっとも、「サワッディー」だけでいいのは親しい間柄だけで、
女性が言う場合は語尾に「カー」
男性は「クラップ」をつける方がより丁寧です。
仲の良いお友達同士なら「ワッディー!」、これだけでもOK。
最近までタイには挨拶の習慣がなく、道で出会う人との会話の始まりは
「どこいくの?」「ごはん食べた?」というようなものでした。
「サワッディー」は1931年、大学教授がラジオ放送のために作った
造語が広まったもので「良い」「幸運」の意味を含みます。
相手を思いやる気持ち、幸福を祈る心から生まれたステキな言葉なのです。
 
そして人との距離を重んじるタイは挨拶の型にも作法を伴います。
「サワッディー」の言葉と共に手を合わせる仕草は“ワーイ”と呼ばれ、
タイを旅すると必ず出会う美しい挨拶の形ですが、
合わせた手の位置が相手との上下を表します。
 
生徒から先生など、尊敬する目上の方への挨拶の“ワーイ”は目線の位置へ。
反対に先生から生徒など、慈しみ守るべき相手への“ワーイ”は胸の位置で。
レストランやホテルでスタッフが
微笑みと共にくれる敬意を持った“ワーイ”に対しては、
親しみを込めて低い位置で軽く返すこと。これがゲストのマナーです。
 
美しい習慣を通じてタイを身近に感じれば、
またひとつタイを好きになるでしょう?
サワッディー・カー、ようこそタイダンスカフェへ。

トムヤムラーメン エビ味

このコラムの商品はコレ

人気のトムヤム味が家庭で簡単に楽しめるインスタントラーメンです。ラーメンとして食べるのはもちろんのこと、タイスタイルでお好みの野菜やひき肉を加えて、サラダとして食べるのもオススメです。

タイダンスCafé [イラスト]おおのきよみ:イラストレーター。1999年タイを拠点に7ヶ月間アジア各国を巡るスケッチ旅行に出掛け、帰国後、主に旅行関連の書籍で活動を開始する。現在も絵を描きながら旅を続け作品を発表している。著書に「おもちかえりアジア」(情報センター出版局)等。

その他のお話はこちら